カマグラゴールドのすすめ

EDにはそれぞれ違う原因があり、それぞれ対応した治療をしなければなりません。

EDの原因とその種類

ED治療薬の種類

ED(もしくは勃起不全)にはいくつかの原因がありそれぞれ対処の方法が異なります。身体的な面で勃起に支障を起こすものを「器質性ED」。精神的な面でなにか心に負担がある場合のEDを「機能性ED」と呼び、器質性と機能性が合わさった「混合性ED」や兼ねてから使用している薬でEDが起きるものを「薬剤性ED」と4つに分けて考える事が出来ます。

器質性ED

器質性ED

主にこのタイプが見られる年代に中高年が挙げられるのが器質性EDです。年齢を重ねてしまうと身体機能の低下により様々な事に支障が出始めます。また日々の生活習慣も大きく影響しています。食事、嗜好品、運動など様々な点から根本的な原因を見ることが可能です。中でも血流の悪さが特にこの年代には多く、動脈硬化を罹患している人はEDになりやすいといえるでしょう。勃起に必要不可欠なのが正常な血流であり、ペニスへ送られる血液が少なければ勃起が起きにくくなります。

機能性ED

機能性ED

仕事上の悩み、過去の性体験の失敗、そういった緊張や不安が原因で起きるEDがこの機能性EDです。ストレスを生じていることで勃起に必要な要素である性的な刺激を各器官へ伝えることが出来にくくなり、結果としてEDになってしまいます。機能性EDを解消するには当然自身が持つ悩みを解決しなければなりませんが、勃起が正常に出来ないという負い目がそれを阻んでしまいます。

混合性ED

混合性ED

混合性EDはもっと複雑です。血流の悪さや神経の障害などが原因で起こる器質性ED。それによりEDとなり悩みを抱えてしまうことで器質性EDも発症し、混合性EDに発展する事があります。2つの原因を解決しなければならないため治療は少々困難になり自身も積極的に治療へ取り組まなければ完治はしません。

薬剤性ED

薬剤性ED

薬剤性EDは自身の持つ疾患を治療するために服用している薬が、勃起に関わる神経や血管に影響を及ぼしてしまうために起こるEDです。特に高血圧治療のために用いる降圧剤がその発症率が高いと言われています。薬の服用は性欲も減退し、射精障害を引き起こしてしまう可能性もあります。薬によるEDの影響はかなり大きいものといえそうです。

バイアグラ登場前は何が原因になっているかも分からなく処置も合っているものか分からなかったため医師としても非常に厄介なものでした。バイアグラ登場後はED治療薬は器質性EDにも機能性EDにも効果を発揮することが分かり、怖い症状ではなくなったのです。今EDに悩む人はED治療薬を使用する事で大きく改善する可能性があります。まずは一度医療機関へ相談をしにいきましょう。