カマグラゴールドのすすめ

ジェネリック医薬品は特許期間が切れた新薬の成分や製法を元に作られコストカットや使いやすさ向上の工夫がされています。

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品について

特許期間とは?

ジェネリック医薬品、もしくは後発医薬品とは先発薬(新薬とも)の「特許期間」という権限が切れることで初めて製造できる医薬品を指します。どういう事かというとこの特許期間とは開発メーカーがその成分の使用や販売を独占できる権限です。そして4つに分けることが出来ます。

まず1つめが物質特許です。これは物質、つまり成分に対する特許になります。特許の中でも最も重要なもので独占的に製造販売できる権限といえるでしょう。2つめが用途特許です。どのような疾患に対し有効なのかを特定する特許になります。3つめが製剤特許です。製剤上の工夫に対し与えられ、安定性や有効成分の吸収に影響します。最後は製法特許です。コーティング剤や添加剤に対し与えられます。

しかし全ての特許が切れていなくても物質特許と用途特許の期限が切れていればジェネリック医薬品は製造できます。ただし残り2つの特許が切れていなければ独自の配合をしなければなりませんので効果に影響が出る可能性もあるのです。つまり同等の効果を得られると言っても添加物やコーティング剤、形状が違うと多少の差が出て来る事がありますので、人によっては効果を感じづらいという点が挙げられます。

ジェネリック医薬品の利点

ジェネリック医薬品の利点

ジェネリック医薬品の開発は先発薬と違い、実績のある成分を使い一から開発するわけではないので時間、費用が大幅にカットできます。その利点を活かし販売価格も先発薬よりも安く、手に入れやすい価格になっているのです。ジェネリック医薬品のメリットはこの点にあります。

また承認されるためには非常に厳しい検査をクリアしなければなりません。厚生労働省の検査基準は特に厳しいといわれております。国内で販売されているジェネリック医薬品は高い品質と言えるでしょう。一方海外ではFDA(米国食品医薬品局)で承認されることがトレンドになっています。FDAの承認もまた信頼性のおけるものです。ジェネリック大国であるインドもFDAへ申請することが多く、カマグラゴールドも承認を得ている医薬品の一つです。

インドだけではなく世界中でカマグラゴールドは販売されており、バイアグラジェネリックとして不動の地位を得ているということになります。もちろん日本でも知る人ぞ知る存在のED治療薬なのです。

%%SIDE%%
%%FOOTER%%